バイアグラはいつ作られ、どのようにして出回ったのか

錠剤とカプセルが集まった画像

バイアグラの歴史

バイアグラの歴史を紐解くことにしましょう。これは1998年に誕生した勃起不全の治療薬です。世界で初めてのED治療薬になります。この薬は初めからED治療薬として開発が進められてきたものではなく、もともとは狭心症の薬として開発が進められていたものです。狭心症の心臓にたくさんの血液を送るための薬です。その開発を進めている時、副作用として勃起作用もあることが判明しました。

主成分であるシルデナフィルという科学合成物質の研究過程で、勃起を起こす作用があることが分かりました。シルデナフィルは体の中で環状グアノシン一リン酸という酸を分解する5型ホスホジエステラーゼというものの酵素活性を妨げる作用があります。陰茎の周りの神経に対して作用します。それによって陰茎の周りの血管が拡張して血流量が増えます。ペニスの血流が良くなって勃起が促されるということです。

このバイアグラは誕生してすぐ、世界各国で話題になりましたし、日本でも1999年に販売が始まって話題になりました。夢の薬とまで言われました。また、販売が開始される前から、個人輸入する人が続出しました。販売が開始される前、正確な知識がないため、ニトログリセリンなどの硝酸剤と一緒に服薬する人もいました。硝酸剤は狭心症の治療薬です。ニトログリセリンについては体の中に入ると分解されて硝酸になるものです。硝酸剤とこのED治療薬を一緒に飲んだために、健康被害が生じた人もいます。

これを受けて、販売を開始するための認可作業が急がれて、異例の早さで認可されました。バイアグラが日本でも販売され始めてから15年以上経ちました。このED治療薬の特許保護期間は切れました。

そのため、2014年からジェネリックの販売が開始されました。ジェネリックの人気も高いです。今でも熱狂的なファンも多く、勃起不全の治療薬の売上の上位にランクインしています。ジェネリックとこのED治療薬の効果については、効果がいちばん高いのはバイアグラです。勃起の際にすごく硬くなります。持続時間や即効性に関しては、より高い効果があるジェネリックもあります。なお日本では25ミリグラムと50ミリグラムのバイアグラが販売されています。欧米では100ミリグラムもあります。100ミリグラムを希望する人は個人輸入しましょう。ピルカッターで格安の100ミリグラムのもの切って半分にして、コストの節約をしているという人もいます。